クレジットの口座引き落としの遅れが続く》引き落としの不履行をしていなくともクレカ請求の口座振替日に銀行残高が不足し、カード利用料口座引き落としが出来ないという事態がひっきりなしにやってしまっている時は、クレジット発行会社により『いつでも資金不足であると推測できる』というように予想するために失効ということになる場合があります。手持ちは問題なく有しているのについつい悪気はなく振り替えできない状態にしてしまったなどという行為を繰り返していてもクレジット発行会社にしてみれば信頼の置けないカード契約者という階級にされてしまう恐れがあるために、他社からの借入をしているか否かということは関係なく没収という処理がされてしまうケースも過去にあるので注意。お金にだらしのない会員への評価というのは高い確率で良くないのです。尚、ただの一回でもこういった費用の支払いができないということが起こりますと、クレジットの使用期限まで使えたとしても次の更新がされない場合ということもあります。そのくらい重要なことであると理解し、口座振替日というものは何があっても忘れないようにするべきであると思います。クレジット現金化という換金術を利用してしまう》クレジットのキャッシング利用額がオーバーしてしまい、これ以上カード会社からキャッシュを引き出せないためにカード現金化というようなクレカのショッピング額を現金に変える手段などを使うと、そのことだけでクレジットカードが強制退会させられる時も存在するようです。そもそもカード発行会社というのは契約内容の内容で換金を目的としたカードの使用というもの禁止しているためキャッシュ化利用=契約条項違反=失効ということになってもおかしくないのだ。軽く考えてキャッシュ化というものを利用すると、残高の全額支払い請求などというものをもらってしまう例も存在するようなので、絶対に惑わされないようにしてほしいものです。