クレジットの無用になりつつある!こういった時にクレジットの機能停止(きのうていし)を行いましょう。確認はするまでもないいうのは百も承知ですが、カートの登録解除とは使っているまさにそのクレカをもう小売店などの売り場で購入手続きが出来ないようにするようなことを意味します。この項目で不必要になったカードの機能停止の手順から使用不可能化における要点などをすみずみまでまとめてみました。読んでもらえば無効化における疑問点を取り去って頂けることでしょう。割り切って言ってしまうならば、不要になったカードを使用不可能化してしまうのは非常に楽ちんです。「カード会社にひとたび申請をしたら勝手に無効化出来ないんじゃあるまいか」・・・」とか「 カードの使用不可能化の願い出が複雑なんじゃないだろうか?」といった具合に思われる方もいる耳にするが調べてみればカードのサイン側の面に表記された会社の受付け窓口に照会をして、クレジットカード解約の意向を確認するということだけであっという間に使用不可能化が実現できます(たった3分ほどの手続きで)。クレジットカードを作り入会手続きをする場合はとにかく大変だったというのに機能停止の申し込みはたった一回の通話で完了するの?という具合にびっくりしてしまうに違いありません。実際に使用中止の手続きは容易なのか?おっしゃる通りです。カードの解約手順はレアなケースを除き、無効化のために取り寄せなければいけない専用の用紙も不要な上に無駄に慰留されるような面倒も起こり得ません。間違いなく一回「御社の××クレジットを退会したいと思い、ご連絡さし上げたのですが!」などと電話口のオペレーターに直接意向を言うようにすれば結構です。事実、私の知り合いも今までに25枚を越えるクレジットを無効化するために電話し続けてきたもののひとたびたりとも契約解除でとまどったような事態はまずないわけなのでポイントについては不安に思わないで結構です。知り合いの口から耳に入ってきた裏話では退会を希望したらやめる理由に関して差し支えなければ聞いてもいいかと言われることがあったということですが決して大仰なものではなくアンケートという雰囲気の聞かれ方だったという話なので再考を迫られる事態も知る限りないと言っていました。巡り合わせの結果として質問されたという事態があったとしてもあれこれ理由を考えずに『年会費がもったいないと思ったから』『あの会社のクレジットカードのお知らせを読んだらその方が良さそうなので』といった感想を言ってしまえば問題ありません