プロパーカードをゲットすることを望むなら、利用希望者自身がカードを保持するに適格な歳であるという制約がある。特例は当然あることはあるとは言うものの、一般的な場合、18?65才くらいまでの方がターゲットである事に注意する必要があります。未成年の方は親権者の同意が前提条件⇒まず言えることは申込希望者が18才より下の年齢だとみなされる時点では、残念ながらカードの保有は無理だと判断して頂いた方が良いと考えられます。義務教育修了とその直後から社会人として労働している苦労人の方もたくさんいらっしゃると思っておりますがバイクの許可証といったものと何ら変わらず、決められた歳にならない限り発行は難しいと認識して頂いた方が合理的と言えます。高校卒業直後の18才?19才であるというとき:希望者が仮に高校卒業直後の18才?19才である大人でない方の条件の場合には、すぐれて収入の多い職業に就職していて年収が著しく高い場合でも父親・母親の同意が必要とされているのでこうしたところでも注意が必要です。ちなみに、大学生や専門学校在籍者などという学生人々に対応するため学生用カードなどと呼称される学校で学ぶ人のためのクレカがあるのでそのようなカードを申請する方が間違いがありません(このようなやり方以外の場合手続きが拒まれる可能性が高いと考えられます)。また、自分自身でクラシックカードの手続きを行わなくても父親母親といったご両親の面々が保持しているクレカの家族カードという他のやり方で持たせて頂くことも一つの解決策であるゆえに毎日のお金に関するやりくりが面倒だと感じてしまうということならば協力を頼んでみることも効率的でしょう。18歳であっても高校の学生はクレカを所持できない≫また、万が一18歳であったということを根拠に高校生はクラシックカードを原則持つというようなことは不可能です。それでも、実際的訓練などを学習するような専門的な4年制の高校あるいは修了に5年以上かかる夜間高校(工業高校等)の条件では夜間高校の生徒でも学生に適格なカードの申込に関しては認められる条件が存在する故保有を検討している時があればクレカ会社のカスタマーセンターで電話をかけてみて下されば知りたいことがわかるでしょう