クレジットカードの没収という手続き名が表す通り有無を言わさずクレジットを退会(停止)されせらてしまうことを言います。強制退会された場合当然の話ですがクレジットがその時より先は、絶対に決済不可になります。没収となるパターンは様々)クレカを有無を言わさずに失効させられる理由は様々です。基本的に日常生活のショッピングで支払う等特別なことなくクレカを使っている限りにおいてはみなさんが強制失効させられてしまう理由などというものはそうありませんので心配なさらずにいて頂きたいと思いますが強制失効となりかねないパターンというものを頭の片隅に留めておくということでクレジットカードを更に安心して使えるようにもなると思われるため、以下ではひとつの例をピックアップして紹介できればと思っています。とにかく言えることはクレジットカード発行会社から信頼されなくなってしまう行動をしてしまったりすることであったりカードの発行会社にとってマイナスとなる行動をしないのであればまず失効などということはないでしょう。安全に使用することが最も大切のため、もうそのようなような行為をした経験がある読者は、これからしっかりと信用できる履歴と挽回するよう念頭において欲しいと思います。そもそもクレジットの使用代金を弁済しない・・・この場合は全く論ずるまでもない行為ですが、クレカで決済した代金をカード会社に払わない費用の踏み倒しを行ってしまう、慢性的な金欠が原因で支払いをできないようなケースには、間違いなく没収という処理がされてしまうだろう。もともとクレジットカード発行会社はあなたを信用してクレジットを利用させているのですからユーザーが支払いをできない場合には信用性は完全に壊れてしまうでしょう。結果として、カードを取り上げるという手続きでそれ以上の損害拡大を未然に防止する対応をする必要があるから強制失効となってしまいます。