クレカが使わなくなってしまった…こういった時には機能停止(きのうていし)を行いましょう。解説はいらないと考えられますが解約とはまさにそのクレジットをもう小売店などのレジで購入手続きが出来ない状況にすることを指します。このページではクレカの契約解除の手順から契約解除をする時の必要事項などを徹底的に整理してみた。この一節をわかってもらえたならば機能停止上の懸念をさっぱりと解決して心安らかになって頂けることでしょう。至極簡単に書くが不要になったカードを使用不可能化する仕方はあっという間に終わります。「クレジットカードに一度手続きをしたら、たやすく解約するのは面倒じゃあるまいか」・・・」または「クレジットの解約の手続きが手間?」といった具合に誤解してしまう方もいるということだけれども拍子抜けすることにクレジットの裏面に表示のある受付窓口に電話をした後、クレジットの使用中止の意思を知らせることさえすれば簡単に機能停止ができるのです(わずか3分くらいのやり取りで解約できます)。クレカを作る場合はものすごく面倒だったはずなのに機能停止のやり取りはまさか一回の通話のみ?などという風に肩すかしにあって何も考えられなくなってしまう人もいるでしょう。実際に退会の申請は容易に終われるのでしょうか?当然です。カード会社における機能停止の申し込みは特別な場合を入れなければ使用中止のために要するフォーマットもいらない上に執拗に手続きが続いてしまうようなような面倒もない。まさにただ「所持しているクレジットカードを解約するにはどうすればよいでしょうか!」と受話器の向こう側の受付係に向けてお願いするようにすれば結構です。本当のところ、当の私自身も過去に5枚を上回るクレジットを無効化するために申請を行ってきましたが一回も退会において問題が起こったことは皆無だったわけなのでこの問題については一息ついて間違いありません。知り合いの口から耳に入ってきた情報では退会をしようとしたら解約したいわけを差し支えなければ聞いてもいいかと言われるという例外的なやり取りがあったらしいのですが、単純にサービスクオリティの調査のような軽いやり取りだったと言っていたので留意される事態も知る限りないと言っていました。たとえ理由を聞かれたという状況に直面したとしても焦ることなく『使う機会が少なくなったと感じたから』や『あの会社のクレジットのDMを読んだらそちらが使い勝手に優れていそうだと考えたから』などと説明すればすぐ引き下がってくれます