店舗で全てのクレジットカードが決済可能なわけでもない▼クレカ会社の加盟店舗は多くの場合、二つ以上のクレカの運営会社に加盟していますが、どれもの加盟店で全部のクレカが使えるわけじゃありません。例をあげていうと以前からある加盟店の場合はJCBの印の入ったそのクレカしか使えないときもあるし、最近のショップではVISAとマスターの印の入っているクレジットカードしか切れない場合もあります。銀聯カードなんかのクレジットカードの場合、もっと切れない場面が増えるんじゃないでしょうか。何の印の所有クレジットカードが切れるかをいかにして見たら良いか「それじゃどのようにしてどのロゴのカードが使用できるかを見分けるといいんだろう?」といっても、きちんとしたことを確かめるとしたらお店の人に見せてみるのみ、というのが残念ながらその回答です。ただし多くの売り場やレストランにはお店の入口の場所に決済できるクレカ会社の印がプリントされているシールが貼られているんで「ああそこのレストランではMasterCardが使用可能なんですね」ということが困らないようになってるし心配しないようにしていただけるとよいと思います。しかしながら、十分に加入管理が行き届いていない加盟店で使うときには、ロゴステッカーが掲載されているのに「当店では××カードは決済いただけません」という返答を受けてしまうケースもあるためメンツをつぶされてしまう状況に出くわしかねません。やっぱりできる限り全部の加盟店舗でクレカが使えるようにしようとするともう一つのブランド(国外マーク)がある一般的なVASA、JCB、ダイナースカード、アメックス、ライフカード、などのクレジットカードを複数使えるようにしておくようにして欲しいと思います(例えば:UCカードを持っているならダイナースカードがついているカードを申し込むなど)。国内ではVISAカード、MasterCard、JCBの3つのブランドが書いてあるクレカを日ごろから使えるようにしておけば返済状況に問題がない限り100%近くの契約店で3枚のうちどれかのクレジットカードを渡す機会があります。クレジットカードを契約して効率よくスマートな支払いを継続していくには確実にどんな場面でも支払い可能なクレジットカードを申し込んでおいて損はないと思います。